FC2ブログ

Home > 意見・気付き・思いなど > 猫日和?。映画「ねことじいちゃん」、「お引越し」、「楢山節考」、「大江戸神仙伝」

猫日和?。映画「ねことじいちゃん」、「お引越し」、「楢山節考」、「大江戸神仙伝」

1 21.1.13 五大尊つつじ公園~大高取山 (218)

★猫が続いた

猫日和と言っても今日のことではない。
上の写真は昨日である。

山から下りてきたら、
登山口でじっと僕を見つめている猫がいた。

ハイク中というか里山に下りてきてから猫に出会う事はよくある。
決してノラではない。

上の写真の猫も首に鈴をつけていた。
都会ではすっかりもう見られなくなった。

我が家も昔は飼っていたが、外が好きな猫が続き、
2代目はそのうちに帰らなくなった。
首輪をしっかりとつけていたのに・・・・・・・。

飼ってからまだ1年もたたないうちだった。
寅と言う名前がいけなかったのだろうと思う。

僕にとって猫日和とは
猫を思い出す日なのかもしれない。

      *

映画でも猫が続いた。
12日の「猫と庄三と二人のをんな」がそうだし、
今日の「ねことじいちゃん」も猫を中心とした話だ。

準主役とでもいうのかなァ。
Youtubeでの公開が猫ブームに便乗?
だってこの映画2018年封切りのだぜよ(なぜか土佐弁)。

      ☆

★映画4本
4 20.1.14 映画「大江戸神仙伝」「楢山節考」「ねことじいちゃん」「道場破り」 (31)

・「ねことじいちゃん」=岩谷公昭監督2018年

2018年の新作に近い映画が早くもネット(Youtube)公開だ。
主役は猫?・・・・・・でもないけれど近い。
監督があの猫でおなじみの動物写真家岩谷公昭なら納得かも。
人間の主役が立川志の輔。
静かに淡々といくつかのエピソードを通して
お年寄りたちの日々を追うみたいな・・・・・・。
癒しの映画で穏やかな気持ちになってエンド。
      *
3 21.1.13 五大尊つつじ公園~大高取山 (5)

・「お引越し」=相米慎二監督1993年

離婚しようとする夫婦(中井貴一・桜田淳子)
の間の子供役・田畑智子の名演技が光った。
田畑は桜田と住んでいるのだが中井とも会っている。
二人の間で葛藤を繰り返す田畑。
さまざまなやり取り・学校でのトラブルの中での成長。
二人の寄りが戻るよう田畑が策を練ったラストは・・・・・・。
どうなるのかよく分からないのでした。
夫婦の口喧嘩はどのように起こる?・・・・・・が見事に演出されている。
この年のキネマ旬報2位。
      *
2 20.1.14 映画「大江戸神仙伝」「楢山節考」「ねことじいちゃん」「道場破り」 (52)

・「楢山節考」=木下恵介監督1958年

モチ、深沢七郎原作。
映画化された最初の作品だとか。。
ロケ映像を敢えて歌舞伎の舞台セット、
長唄や浄瑠璃が全編を通して流れており、
映画と言うより芝居(歌舞伎)を鑑賞している風。
映像が美しいのはセットのライティングだからか。
とくに、最後に山に捨てに行くシーンは
幽玄の世界を見ているよう。
田中絹代の演技が素晴らしい。
この年の主演女優賞を受賞している。
映画もこの年のキネマ旬報1位。
      *
5 20.1.14 映画「大江戸神仙伝」「楢山節考」「ねことじいちゃん」「道場破り」 (7)

・「大江戸神仙伝」=藤田敏八監督1985年

現代(昭和)のサラリーマン(滝田栄)が
江戸時代末期の長屋にタイムスリップ。
米ぬかから脚気の特効薬を作ったり、
高橋作左衛門の騒動に巻き込まれたりのSF物。
      
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3563-2bc5bce6
Listed below are links to weblogs that reference
猫日和?。映画「ねことじいちゃん」、「お引越し」、「楢山節考」、「大江戸神仙伝」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 意見・気付き・思いなど > 猫日和?。映画「ねことじいちゃん」、「お引越し」、「楢山節考」、「大江戸神仙伝」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top