FC2ブログ

Home > ハイキング > 地味~に楽しい飯能の大仁田山一人歩き

地味~に楽しい飯能の大仁田山一人歩き

★"大仁田山はここじゃありません"

昭文社の山と高原地図の「奥武蔵秩父」を広げると
網の目のようにハイキングコースの赤線が広がる。

地図の下の方に途切れた小さな赤線が・・・・・・。

その山が気になって行ってきた。
大仁田山(505m)がその山の名前だ。

      *

その山は急登も岩場もない、眺望もイマイチ。
地味?な山だった。

それでも山道の要所要所に“奥武蔵ロングトレイル105K”
の表示が立っているので安心して歩ける。

マイペースで一人歩きを楽しむにはいい。
登山中の3時間あまり、
一人にも出会わなかった。

      *

赤沢バス停で帰りのバスを待つ間、
地元の若気のお姉さんとの会話。

ゴロー××「朝、唐竹橋で下りて歩いている地元の3人に
大仁田山の登山口はあっちでいいのですか?
って聞いたのですが3人とも知らなかったのです。
一人の人は"大仁田山はここじゃありません"って。
地元の人も知らないのですからこの山ってきっと地味なんですね」

地味という言い方がおかしかったのか
お姉さんは笑いながら・・・

若気のお姉さん××「・・・そうですねェ。
でも、山のお祭り(行事?)には沢山の人が入りますしィ・・・・・・」

お姉さんとはその後もバス沿線の山の話をつづけたが、
話の途中でバスが来てしまった。

1 21.2.25 ハイク飯能の大仁田山→飯能河原 (111)
1時間半で頂上到着。
11時半だったが早めの昼食。
2 21.2.25 ハイク飯能の大仁田山→飯能河原 (84)
低山とは思えない標高400mほどの長い平坦な道。
3 21.2.25 ハイク飯能の大仁田山→飯能河原 (62)
いぼとりじぞう。
"いぼ"は何処へ行ったのか最近は聞かなくなったなァ。
4 21.2.25 ハイク飯能の大仁田山→飯能河原 (81)
杉やヒノキの植林が多いこの辺りの低山にしては
珍しく大木がところどころ残されていた。
5 3 21.2.25 ハイク飯能の大仁田山→飯能河原 (154)
帰りのバス停の風景。
川の名前は名栗川とお姉さんが教えてくれた。
下流に行くと入間川になるのだとも。
6 21.2.25 ハイク飯能の大仁田山→飯能河原 (184)
東飯能駅の手前でバスを降りて飯能河原をブラブラ。
懐かしい知人から電話が入り、
温かい日差しの下で清流を見ながら30分以上もお喋り。
そしてここはもう入間川。
7 21.2.25 ハイク飯能の大仁田山→飯能河原 (204)
石垣の黄色い花が美しい。
8 21.2.25 ハイク飯能の大仁田山→飯能河原 (214)
"店蔵絹甚"の店先に雛人形が飾られていた。
入場無料で見学・デジカメ。
9 21.2.25 ハイク飯能の大仁田山→飯能河原 (236)
店藏絹甚は飯能市の指定有形文化財。
店がお蔵になっていて座敷や土間は店の奥。
その間の仕切りで防ぐ仕組み。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3606-1244872c
Listed below are links to weblogs that reference
地味~に楽しい飯能の大仁田山一人歩き from ゴローの「ここの記」日記

Home > ハイキング > 地味~に楽しい飯能の大仁田山一人歩き

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top