FC2ブログ

Home > あの日の記憶・メモ > 青いバラと履物屋。映画「浪人街」「Shall we ダンス」

青いバラと履物屋。映画「浪人街」「Shall we ダンス」

明日、突然の山行のお誘いを受けた。
中央本線沿いの低山。

低山とはいえトータル高低差が1000mを超え、
アップダウンもそこそこきついらしい。

もともと緊急事態宣言が延長にならなければ
今日はおいらく山岳会の山行に参加予定だった。

久々に明日は早起きしなければ・・・・・。

★高価青バラと履物屋で買ったサンダル・・・・・・・2009年(あの日の記憶・メモ)

青いバラと履物屋とは何の関係もない。
たまたま2009年の写真データのCDを開いたら出てきたもの。

109.6.24-25島根、鳥取、奈良 (10)
2 09.6.24-25島根、鳥取、奈良 (8)
2009年は青いバラ栽培に成功して間もない頃。
訪問した会社のロビーに飾られていた。
多分、青バラ栽培に成功した会社ではなかったか・・・・・・と記憶している。
街中やスーパーの花屋さんではあまり見かけないが
プレゼント品として通販では盛んなようだ。
それだけ今でも高価なのであるまいか。
      *
3 09.5.3住友団地の靴屋 (6)
4 09.5.3住友団地の靴屋 (8)
5 09.5.3住友団地の靴屋 (10)
ゴミ屋敷ではない。
古物を売る履物屋でもない。
新品(と店主は言うのだが)を並べて(売って)いるのである。
それどころか値の高い履物もそろっていると店主。
雑然としているのは片づけていないだけなのだと言うのだ。
それにしてはゴミのように積まれた履物?どうしてこうなった?
僕は外履きのサンダルを買うことにした。
いい物をと注文したら奥さんらしき人が、
床に散らばっている履物を踏んずけながら奥の方に探しに行った。
そして2900円だというサンダルを持って来た。
サンダルはそれまで1000円前後で買っていたので
僕の購入価格レベルのおよそ3倍。
手にしてみて確かに良さそうなので購入した。
それが、しばらく愛用していたが某公民館の下駄箱で
ある日なくなってしまった。
代りに似たようなサンダルが下駄箱に残っていたので
誰かが履き間違えていったのかもしれない。
やっぱり高級(価格)なものは僕に馴染んでくれない?
この履物屋は数年前閉店した。

      ☆

★映画2本
5 21.3.7 映画「浪人街」「Shall we ダンス?」  (65)

・「浪人街」=黒木和雄監督1990年

勝新太郎の遺作なのだとか。
5回目のリメイクという人気の「浪人街」。
最初の1928年版(マキノ正博監督)はモノクロで3話(サイレント)、
その年のキネマ旬報1位に輝いている。
2~4回目版は見ていない。
黒木監督版はこの年のキネマ旬報8位。
      *
6 21.3.7 映画「浪人街」「Shall we ダンス?」  (2)

・「Shall we ダンス?」 =周防正行監督1996年

30歳~の6、7年間、僕も社交ダンスを習っっていた。
会社に20くらいのクラブ活動があってダンス部もその中のひとつ。
ダンスの指導は前年の学生選手権の優勝校と決まっていた。
僕が習っていた頃は慶応、駒沢などの現役(学生)が来た。
モダン6種、ワルツ、タンゴ、スロー、クイック、チャチャ、ルンバ。
モチ、今はどれも踊れない。
おかげで懐かし~思いで「Shall we ダンス?」 を見た。
この年のキネマ旬報1位。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3616-e787f8e2
Listed below are links to weblogs that reference
青いバラと履物屋。映画「浪人街」「Shall we ダンス」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > あの日の記憶・メモ > 青いバラと履物屋。映画「浪人街」「Shall we ダンス」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top