FC2ブログ

Home > 映画 > 映画「極私的エロス恋歌1974」「全身小説家」「ゆきゆきて、神軍」・・・・・・原一男監督。磨いて乗りたい自動車ほか・・・・・・撮り溜めショット5。

映画「極私的エロス恋歌1974」「全身小説家」「ゆきゆきて、神軍」・・・・・・原一男監督。磨いて乗りたい自動車ほか・・・・・・撮り溜めショット5。

  • Posted by: ゴロー
  • 2021-03-08 Mon 20:25:52
  • 映画
雨で山行が中止となった。
まだ暗いうちに家を出たので雨が降っているのに気付かず、
ザックを担いで外に出たところで分かったのだ。

電車に乗る前(駅まで歩く)で良かった。
山行は明後日(10日に変更)。

     *

★撮り溜めショット➄
1 21.2.16 弓立山、弘法山、越生 (73)
➀=磨いて乗りたい自動車
通りすがりに見たクラシックカー。
磨いて乗ってみたい・・・・・・と思った。
      *
2 21.2.10 見沼田んぼ北側 (224)
➁=骨董品民芸品の店
骨董品に近い?・・・・・・どこか懐かしい陳列。
      *
3 20.1.26  柿田川湧水公園 (112)
➂=この木にさわらないで
カメムシの巣があるのかしら?
      *
4 20.1.22 川越下見 (10)
➃=手作り藁・竹細工
懐かしいウインドウ―の懐かしい手作り土産。
      *
5 20.11.25 4人組・北茨城 (4)
➄=赤富士のステンドグラス
JR守谷駅構内にて。
   
      ☆

★映画3本
今日の3本はいずれも原一男監督のドキュメンターリー映画。
いずれも衝撃的な内容。
原監督は映画の中で「ドキュメントにやらせは不可欠」のように述べている。
※真魚八重子の著書『嘘は真実から生まれる』の中では
深作欣二監督との対談で『端的に「ドキュメンタリーはフィクション』であると語る(ママ)。
僕が今回映画以上に感銘を受けた衝撃的な言葉だ。
21.3.8 映画「極私的エロス 恋歌」、 「全身小説家」  (30)
・「極私的エロス恋歌1974」=1974年
正面から無修正の出産映像が当時話題になった。
3本の中では僕がいちばん衝撃を受けたのはコレ。
      *
21.3.8 映画「極私的エロス 恋歌」、 「全身小説家」  (42)
・「全身小説家」=1994年
証言を繋ぎ合わせて井上光晴の生い立ちから死までを追う。
この年のキネマ旬報1位。
      *
ゆきつきて新 (8)
・「ゆきゆきて、神軍」=1987年
奥崎謙三が戦争が終わったにもかかわらず
上官の命令で銃殺に携わってしまった帰還兵を訪ね
真実を語らせようとするのだが・・・・・・奥崎は少し暴力的。
この年のキネマ旬報2位。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3617-9f73da83
Listed below are links to weblogs that reference
映画「極私的エロス恋歌1974」「全身小説家」「ゆきゆきて、神軍」・・・・・・原一男監督。磨いて乗りたい自動車ほか・・・・・・撮り溜めショット5。 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 映画 > 映画「極私的エロス恋歌1974」「全身小説家」「ゆきゆきて、神軍」・・・・・・原一男監督。磨いて乗りたい自動車ほか・・・・・・撮り溜めショット5。

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top