Home > 意見・気付き・思いなど > 運動不足と分かってはいるが・・・。横綱力士碑

運動不足と分かってはいるが・・・。横綱力士碑

★この頃、運動不足と分かってはいるが・・・・

近頃、身体を動かすことをサボリ気味だ。
ジョギングもサイクリングも、
運動になったと思えるほどはしていない。

昨日、5年生の孫とキャッチボールを
ちょっと(40分ほど)やっただけで、
右腕と左の背中が痛い。
それに左肩がはっている。

ふだん、使わない筋肉を使っているからだろう。

先日の渓流釣りの時もそうだった。
暑さのせいもあったのだろうが、
夕方になってどっと疲労が出てきた。

渓流釣りは、
ふだん使わない筋肉を動かすそうだ。

このところの運動不足がモロに出たのだと思う。

今日は一日中家にいた。

パソコン、DVD、本・・・、
部屋にいて、机に向かって目を使うことばかりだ。

身体を動かさない。

億劫がっていてはいけないと、
分かっているのに・・・・・。

いつでも出来ると思っていると、
なかなか出来ないものなのだ。

”仕事は忙しい奴(人)に頼め〟と
サラリーマン時代に上司の言葉だ。

仕事でなくたって同じことだということが分かった。

毎日出勤していたときのほうが、
運動もしていたような気がする。

きっと、僕と同じように思っている
リタイア組(ご同輩)は多いのではなかろうか。

今日はそんなことを思っているうちに終わってしまった。

せっかく涼しくて過ごしやすい日が続いたのに・・・。


11.7.23ブログ用 (1)
「我が心のオルガン」
自由への
「自由への闘い」
自由を我ら
「自由を我等に」


★映画三弟

☆映画「我が心のオルガン」 1999年   韓国

日本の原風景を思わせるような映画だ。
小学校の生徒が一斉に学校の廊下を掃除する場面で、
生徒たちが廊下を雑巾でか乾拭きをさせられているシーンがあるが、
なつかしい。
僕の小学校時代1年から3年生まで、担任であった女教師は
当時、じつに厳しい人であった。
クラス全員、放課後に廊下の乾拭きさせられた。
確か、ひとり500回は磨くこと。
これが毎日のノルマだったように記憶している。
お陰で、僕らの教室の前だけ廊下はピカピカでよく滑った。




☆映画「自由への闘い」  DVD  1943年 アメリカ

フランスの著名な映画監督がアメリカ亡命中に作った。

最後の方のシーン。
裁判で、被告人となる主人公の素晴らしい演説。
まさに“剣より強し”を教えてくれる秀作。


☆映画「自由を我等に」 DVD  1931年 アメリカ

少々コメディがかっているが、
分かりやすく楽しめる映画だ。
刑務所にも社長にも自由がない。
最後に彼ら二人は自由を得る。
“自由”これが何より大切・・・、
ということを教えている?
チャップリンのモダン・タイムスが、
この作品に似ているということで、
当時、裁判沙汰にもなったらしい。




あの日の記憶・メモ  横綱力士碑  富岡八幡宮(江東区)
06.5白石さん富岡八幡 004
厚さ1メートル、
重さ20トンのこの石碑は明治33年に建てられたそうである。
観光に来た海外の友人、東京見物、下町見物の人など、
僕はこれまで何人にこの石碑を案内しただろうか。
最後に案内したのが今から5年前。
定年になる僕の仕事を引継いでくれるはずの同僚だった。
その日、仕事先からの帰り、
たまたま寄った横綱力士碑の前で彼の写真を撮った。
4,5日して、A4サイズに伸ばしたプリントを渡すと、
彼はいい写真が撮れたととても喜んでくれた。
そして、宝物のように大切そうにかばんにしまった。
それから2年半ほど僕は外国に行っていた。
帰国後、再び会社に勤めに出たのだが、
その時はもう彼はこの世にいなかった。
病気の再発ということらしい。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/467-fa4b14b3
Listed below are links to weblogs that reference
運動不足と分かってはいるが・・・。横綱力士碑 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 意見・気付き・思いなど > 運動不足と分かってはいるが・・・。横綱力士碑

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top