Home > 今日のこと > 春になると田んぼは蓮華の花で埋まるのだろうか?

春になると田んぼは蓮華の花で埋まるのだろうか?

蓮華
来年はレンゲの花に埋まった一面薄紫色の田んぼが見られることに・・

★春になると田んぼは蓮華の花で埋まるのだろうか?

荒川の河川敷の田んぼに
“蓮華の舞”なる看板が立った。

いつ頃?

先週もここを通っているけど
気がつかなかった。

いずれにしても、つい最近のことだと思う。

小さな文字を読んでみると
右看板の下には、

さいたま市でいちばんの米産地 荒川堤外
きれいなレンゲで育った米が生まれました

左看板のクリーム色の囲みには、

地域ぐるみで農地の安全管理を行います
エコファーマーの認定を受けた
生産者が、農薬と化学と化学肥料を
減らしたお米をつくっています

とある。
ということは、今年の春先には
このあたりの田んぼはレンゲの花で埋まっていたことになるが・・・。

ソー言われて見ると・・・?
どうだったかなァ?

少なくとも、
来年はレンゲの花に埋まった一面薄紫色の田んぼが見られることに・・。

レンゲは田の肥料になるのという話を聞いたのは、
僕が高校生の時だ。

宮崎へ向かう列車の窓から見えた田んぼが、
一面、薄紫色をしていた。

同行していた知人が僕に質問をしたのだ。
「田んぼが紫色をしているのはなぜだか分かるか?」

そして、それがレンゲの花だと教えてくれた。

楽しみだァ。


あの日の記憶・メモ   只見線  1990年頃
ッ只見線
IMG_0006.jpg
只見線5
只見線4
只見線6
豪雪地帯、
沿線の紅葉の美しさが日本一・・・、
人気急上昇の只見線だ。
只見川に沿って列車は走る。
川と線路がやけに近い。
カーブにさしかかるときの、
車窓からの眺めが忘れられない。
会津川口駅では列車の交換待ちをした。
駅のすぐ前は川、
反対側は山だったように記憶している。
この駅からの眺めがいい。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/484-0be24d69
Listed below are links to weblogs that reference
春になると田んぼは蓮華の花で埋まるのだろうか? from ゴローの「ここの記」日記

Home > 今日のこと > 春になると田んぼは蓮華の花で埋まるのだろうか?

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top