Home > ビエンチャン便り > 不思議な花の値段。1本20円のバラがとても懐かしく思えた

不思議な花の値段。1本20円のバラがとても懐かしく思えた

1花屋CIMG4039
花屋のお姉さん。最初に聞いた値段はどうなっているのだろう?

★不思議な花の値段

絵画教室3週目のモチーフは花。

第一日目は菊とバラの花だ。
・・・で、先日探しておいた花屋に買いに行った。

「これいくら?」

菊の束を指して花屋のお姉さんに聞いた。

花屋のお姉さん××「40000キップ(400円)」

「高いなァ」

と言って戻した。
隣のバケツに入っている別な菊を指して、
「これは?」

花屋のお姉さん××「40000キップ(400円)」

「両方買うから、いくらにするの?」

花屋のお姉さん××「35000キップ」

「・・・・・・・・・・・・・?、
こっちのバラは一本いくらなの」

花屋のお姉さん××「2000キップ(20円)」

「じゃ、7本買うから、全部で40000キップ(400円)にして」

と言って、7本選んだら、お姉さんは1本抜いて6本にした。

で、結局トータルで40000キップ(400円)を払ったのだが、
最初に聞いた値段はどうなっているのだろう?

多分、僕は菊の花束を半分ずつ買ったのではないか?
それなら、何となく納得するのだが・・・。



2教室風景CIMG4054
真剣に描いている。この日は椅子が足らなくなってしまった時間帯ができてしまった

★難しいモチーフを皆よく見て丁寧に描いていた(絵画教室第3週・第1日目)。

絵画教室第3週・第1日目は31人が来た。
モチーフは花(菊とバラ)。

難しいモチーフを、
皆よく見て丁寧に描いていた。

第1日目の上手に描けた作品は4つ。
しかし、4重丸に届くかなァといったところ。

第2日目の作品と合わせてゆっくり採点し直すつもり。

ところで、この1本20円のバラの花。
とても良い匂いがする。

僕らの子供の頃は、
バラは良い匂いがするものだと思っていたが、
いつの頃からかバラから匂いが消えた。

しても、ほんのりだ。
我が家の庭に植えてあるバラでさえ匂いは弱い。

ビエンチャンで買った1本20円のバラがとても懐かしく、いとしく思えた。

★絵画教室第3週・第1日目の上手な作品
3 スントーン絵CIMG4066
いちばん若いスントーンさんの作品。絵心というのでしょうか巧みに描いています
4 ティッパラッ絵CIMG4063
ティッパラッさんの作品は花の印象を美しく描いています
5ダーラポーン絵CIMG4069
ダーラポーンさんの作品は花をモチーフにした紋様風。よく描けています
6 アニタ絵CIMG4071
アニタさんの作品は少し上部をカットし過ぎていますが、大胆な構図です。モチーフを小さく描いてしまう傾向がある中で、紙いっぱいに、このくらい大胆に描いて欲しいなという見本として選んだものです
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/556-b68b794e
Listed below are links to weblogs that reference
不思議な花の値段。1本20円のバラがとても懐かしく思えた from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > 不思議な花の値段。1本20円のバラがとても懐かしく思えた

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top