Home > ビエンチャン便り > 和菓子に似て非なる“カオノンバーン”の意外な味。絵画教室第5週・2日目

和菓子に似て非なる“カオノンバーン”の意外な味。絵画教室第5週・2日目

1 カオノンバーン
バナナの皮で包んだお菓子。とても丁寧に作られている

★バナナの葉で包むラオスの伝統的お菓子“カオノンバーン”の意外な味

アニタさん(てっちゃんの親戚・ラオス人)が
ラオスの伝統的なお菓子である“カオノンバーン”をくれた。

バナナの葉を幾重にも折って包んで蒸しているようだ。

「何でできているの」

アニタ××「黒いところがもち米(カオニアオ)。
中は青い豆からだ。ココナツ(椰子の実の内側の果肉のような部分でナタデココの原料)で混ぜてつくる」

アニタさんは片言の日本語を話すが、
途切れ途切れの単語をつなげるとそのように言ったのだと思う。

黒いところは薄い皮になっていて、
たしかにもち米の歯ごたえとココナツの風味だ。

中のあんこは?
ぽろぽろのクッキーだと思えばいい。

和菓子に似て非なる味わい?

それにしても丁寧に作るものだ。


2 11.11.6絵画教室もモチーフ (1)
果物のブドウは高そうなので止めた。野菜は全部で50000キップ(500円)ほど。バナナも料理用のものだ
3 CIMG5511
難しいモチーフにみな真剣に取り組んで描いている

★絵画教室第5週・2日目

今日は野菜を数種類並べてみた。
大小の丸みを帯びたものと、バナナをひと房。
その横にポットを置いた。

遠近法と質感の違いの練習にと考えたのだが、
すこし難し過ぎたのかなァ。

4重丸は一人だけだった。

    *

昨日で1期の前半(5週)10回(日)の教室で一区切りとする。

そこで、
皆勤賞(作品提出率5割以上)と
4重丸4つ以上ゲットの生徒に賞を出すことにした。

今回の対象者は9人いる(要確認1人)。
4重丸4つゲットは2人。
あとは皆勤、うちダブル受賞の生徒が1人いる。

今回の賞品は先日、タイのノンカイで買ってきたスケッチブックだ。
ダブル受賞の生徒にはほかに何をあげるか、いま考えている。


4 CIMG5520
スントーンさんはいつも手早くさっと仕上げています。もともと絵心があるのでしょう。キャベツの描き方、全体の掴み方も上手ですね。いつもながら線がきれいです。この日、ただ1人の4重丸でした
5 CIMG5514
ポーンティップさんは3重丸でしたが、モチーフ全体の描きこみに挑戦しています。バナナの捉え方がとてもいいです
6 CIMG5517
ポーンパシットさんは絵としての表現をとても豊かに持っている人です。この調子で、ぜひ描き続けてください
7 CIMG5516
アニタさんはバナナだけを描きました。力強さがいいですね。気迫がみなぎってきます。遠近感が生かせるようになればさらに迫力のある絵になります
8 CIMG5486
僕が合間に描いたボールペンによる素描(15分弱)。バナナを少し描き込み過ぎています
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/571-5987c13a
Listed below are links to weblogs that reference
和菓子に似て非なる“カオノンバーン”の意外な味。絵画教室第5週・2日目 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > 和菓子に似て非なる“カオノンバーン”の意外な味。絵画教室第5週・2日目

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top