Home > ビエンチャン便り > 英語もラオス語も分からないというNさんが頼もしく思えた

英語もラオス語も分からないというNさんが頼もしく思えた

1   11.11.28 ワット・ホー・パケオ (15)
ワット・ホー・パケオはビエンチャンの重要な観光スポット
2 11.11.28 ワット・ホー・パケオ (8)
博物館のようになっている堂内の陳列品はもちろん、本堂の周囲にも多くの仏像などが置かれている(外は撮影可)
3 11.11.28 ワット・ホー・パケオ (1)
石碑(板)にはラオスの文字が彫ってある。中に拓本を採ったような跡が残っている石碑もあった
4 11.11.28 ラオスの正装 (18)
靴に注目!ラオスの高貴な正装?カレンダーかコマーシャルか分からないけれど撮影中。ちょっと失礼して撮らせてもらった

★ワット・ホー・パケオ(ワットは寺)

ワット・ホー・パケオは
ビエンチャンの観光スポットのひとつ。

タイのワット・プラケーオにある有名なエメラルドの仏像は、
このお寺から持ち去られたものだとか。

ワット・ホー・パケオをラオス語でタイ語に言うとワット・プラケーオ
になるのだとガイドブックにあった。

本堂内には重要と思われる仏像などが陳列されている。
昨年、撮影禁止の注意書きを見落として写真を撮っていたら、
係員にカメラを取り上げられ、
撮影した内部の写真データを全て消されてしまった。


5 11.11.28レストランJomo (4)
しゃれた店構えで、お客はほとんどファラン(白人)。コーラ(缶)が10000キープ(100円)

★英語もラオス語も分からないというNさんが頼もしく思えた

街中のメイン通り(セタティラート通り)のJomoというレストランで
お茶(コーラ)した。

ごく最近知り合ったTさんと、
もうひとり途中から加わったカンボジア旅行帰りのNさんの3人で、
お喋りすること2時間半。

2人とも年齢が僕と前後の同世代。
ラオスに住んで3年という2人から、
いろいろなことを教えてもらった。

Nさんはこれからラオスで事業を立ち上げるらしい。

Tさんはバックパッカーを目指すとか。
カンボジアへも長距離バスで入り、
国境の街からアンコールワットへは
ソンテウとバイク(タクシー)で行ったというから頼もしい。

しかも、英語もラオス語も分からない(どこまで分からないのかは不明)
というからますます頼もしく思えた。



スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/593-bade0ee4
Listed below are links to weblogs that reference
英語もラオス語も分からないというNさんが頼もしく思えた from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > 英語もラオス語も分からないというNさんが頼もしく思えた

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top