Home > ビエンチャン便り > 手抜きの贅沢クルーズ?絵画教室2期第4週1日目

手抜きの贅沢クルーズ?絵画教室2期第4週1日目

★ナムグム・ダムへの日帰り旅行

4日は日本語検定があった。
てっちゃんの生徒も受験に行き、
絵画教室もお休みとなった。

僕はナムグム・ダムへの日帰り旅行に行った。

このダムは日本などからの援助で1971年にできたダム。

ビエンチャンから80キロの距離にあり、
手ごろな日帰り観光コースになっていると
ガイドブックにはあったが・・・・・。

中央バスターミナルから朝の6時半発の路線バスで行った。
ガイドブックに載っていた1時半の予定時間は軽くオーバー、
路線バスは途中の乗り降りもあるので、
2時間半近くかかった(15000キープ・150円)。

バスの終着駅がターラート(街の名)、
そこからソンテウに乗り換えて15分で着く。

軽トラのソンテウはブレーキの調子でも悪いのか、
タイヤのホイールのあたり何度も水を掛けながらは、
やっとこさの感じで坂を上る。

        *

2、30人は乗れると思われる観光船をひとりでチャーター。

昼食の魚料理とビールを用意してもらい
2時間の贅沢クルーズをした(あわせて365000キープ・3650円)。

ところが、
船は超スローで真っ直ぐに30分ばかり進んだのみ。

小さな島(かっては山の頂上)に係留すると、
ここでゆっくりしろ(と言ってはいないが)と、
船頭はさっさと寝てしまう。

つまり、この小さな島で1時間を過せと言う訳だ。
散歩道があるわけでもなし(そんな広くもない)、
ただ景色を見て過せというのだろうか?

これは相当な手抜き(ガソリン節約)だ、
グループやうるさい客だったら文句を言うだろうなァ(多分)。

ほかの観光船が遠くで周遊(ゆっくりだが)しているのがよく見えるのだ。
     ・
     ・
     ・
スケッチブックを持ってきて良かった。

帰りは20分もかからずに港に戻った。

1 11.12.4ナムグムダム (4)
行きの路線バス内、出発前は蚊の乱舞状態。座席はほこりで白くなっていて、さすがに運転手が雑巾で掃っていた
2 11.12.4ナムグムダム (7)
ターラートの街(ターミナル)からは軽トラのソンテウに乗り換えた(15000キープ・150円)
3 11.12.4ナムグムダム (17)
観光船の発着場風景
4 11.12.4ナムグムダム (21)
水が透明感のある黄緑色で美しかった
5 11.12.4ナムグムダム (28)
ひとりで2時間の贅沢は・・・・
6 11.12.4ナムグムダム (47)
超スローで30分進んで係留1時間。前の家のある島には渡れない(スケッチした風景)
7 11.12.4ナムグムダム (53)
船頭はさっさと昼寝を決め込んで・・・・
8 11.12.4ナムグムダム (62)
家があった島とは反対側の風景(スケッチした風景)
9 11.12.4ナムグムダム (77)
ターラート(バスターミナル)からの帰りはソンテウにした

        *

ターラートのバスターミナルに戻ったのは12時半。
バスの待ち時間が3時間もある。

仕方がない、
ホコリを浴びながら2時間は少々きついと思ったが、
ソンテウでビエンチャンまで戻った。

6時頃から知人と夕食の約束があるので、
早めに帰りたかったのだ。

ソンテウは当然乗り合いだ。
ビエンチャンまでバスと同じ
15000キープ(150円)で行くというのも魅力だった。

乗ってみると、ソンテウが道路沿いに住む人たちの
重要な交通手段ということが分かった。

市場で仕入れた魚や野菜、米などの大きな荷物を持った
人びとが数km、あるいは十数kmの移動に利用している。

赤ちゃんを抱いた母親、
鶏を病院に連れていこうとしているお兄さん、
足元の袋の中には生きたアヒルが・・・、
もう足の踏み場もないくらいだった。


11.12.4ナムグムダム (92)
ソンテウはに持つがいっぱいで足の踏み場もないほど
10 11.12.4ナムグムダム (97)
蠢く袋の中身は生きたアヒルだった
11.11.15シェンクワン第1日 (2)
機内から見たマグナム湖(11月15日、シェンクワンに向かう機上から)




1 11.12.3絵画教室2期第4週1日目
日が落ちるまで熱心に描く生徒
2 11.12.3<br />ポンパシット絵画教室2期第4週1日目 (14)
ポーンパシットさんは初めての4重丸。色も濃く塗っていてとても上手です。白が生きています
3 11.12.3マーラワン絵画教室2期第4週1日目 (13)
マーラワンさんも初めての4重丸。形を捉えています。とくに白い部分にもう少しぬいぐるみのふんわかした質感が出るとさらにグーです
4 11.12.3ソムチャイ絵画教室2期第4週1日目 (10)
ソムチャイさんも始めての4重丸です。とくに黄緑色の筆使いが見事です。左右に足の大きさがちょっとアンバランスなのが気になります
5 11.12.3ダーラポーン絵画教室2期第4週1日目 (8)
ダーラポーンさんの作品は難しい正面からよく形を捉えました。黄緑色をもう少し丁寧に塗ればふわふわ感が生きたでしょう(4重丸)
6 11.12.3ポーンティップ絵画教室2期第4週1日目 (6)
ポーンティップさんも全体の形を上手にとりました。直すところはボールの丸をもっと正確に描くこと、それと足が少し小さいことです(4重丸)




★絵画教室2期第4週1日目・11月3日(土)

明日(4日)が日本語検定がある。
そのせいかどうか、
今日の出席は12人とこれまででいちばん少なかった。

しかし、
モチーフのぬいぐるみによったものかどうか分からないが、
優秀な作品(4重丸)が5点も出た。
しかも、初めてが3人もいる。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/598-ef071dd0
Listed below are links to weblogs that reference
手抜きの贅沢クルーズ?絵画教室2期第4週1日目 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > 手抜きの贅沢クルーズ?絵画教室2期第4週1日目

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top