Home > 今日のこと > 「いま振り込めサギの注意を促しているんです」

「いま振り込めサギの注意を促しているんです」

12.1.10ブログ用 (20)
警官は立っている位置を入り口の正面から左へ移動した

★警官は立っている位置を移動した

駅に歩いて行く途中に信用金庫が新しくできた。
長い間、閉店したガソリンスタンドの跡の空き地だったところだ。

銀行にお金を振り込む(送る)用事があったので寄った。

「ここからお金を振り込んで送金できますよね」

入り口に立っていたガードマンに聞いた。

ガードマンに見えた人××「私はこれです」,

と、腕に巻かれた腕章を見せる。
ガードマンに見えた人は警官だった。

警官××「いま振り込めサギの注意を促しているんです」

警官は立っている位置を移動した(写真)。

12.1.10ブログ用 (22)
新幹線と飛行機のチケットの自動販売機があった
12.1.10ブログ用 (29)
友人の一人は焼き物をやっている。昨年作った作品のアルバムから

★新幹線、飛行機のチケットの自動販売機もあった

夕方から新橋で気の置けない友人と新年会があった。
待ち合わせの時間に早かったので、
駅前のニュー新橋ビル内(1階)をぶらぶら。

たくさんの金券屋さんが並ぶ。
その種類の豊富なこと。
ほとんど金券屋通り(街)?

金券屋と言えば、昔は航空券と新幹線(鉄道)のチケット、
テレフォンカードなどで出張の際に利用したものだが・・・。

7,8軒の店を見て回っただけでも、
切手、各社の株主優待券、映画や劇場、コンサート。

相撲、展覧会、博物館やテーマパーク、その他各施設、
遊園地、お米、吉野家の牛丼から有名レストラン、ホテルなどの優待券・・・。

電車のチケットも山手線内から各私鉄のものまで。
新幹線、飛行機のチケットの自動販売機もあった。

店によって扱うメイン商品が異なるようで、
見て回っても飽きない。

たちまち30分がたってしまった。

12.1.10ブログ用 (15)
聞き心地はいいのだが・・・・

★朗読CD「宮沢賢治詩集」 

雨ニモ負ケズ・・・・は分かったけど、 
それ以外の作品は意味が理解できなかった。

朗読が上手なので、
聞き心地はいいのだが・・・・。

12.1.10ブログ用 (11)
「死の棘」はそれを作家も、俳優も、監督も、読む人も見る人もみんな同じ気持に(で)・・・きっと

★映画「死の棘」 小栗康平監督

1990年 カンヌ国際映画祭 審査員グランプリ
日本アカデミー賞主演男優賞・主演女優賞
日刊スポーツ映画大賞主演女優賞

島尾敏雄の小説「死の棘」(1977年に出版)が映画化されたもの。

小説でも
日本文学大賞、
読売文芸賞、
芸術推奨を受賞している。

じつは以前、この「死の棘」を読み始めたのだが、
数ページで止めてしまった。

あまりに重くて暗いという理由だった。

映画もそのままだ。

書いた作家も、俳優も、監督も、
読む人も見る人もみんな同じ気持に(で)・・・きっと?

そんな作品に思える・・・・・小説と映画のどちらも大変に優れた作品なのだろうけど。

映画の主役は松坂慶子と岸部一徳。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/634-02086563
Listed below are links to weblogs that reference
「いま振り込めサギの注意を促しているんです」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 今日のこと > 「いま振り込めサギの注意を促しているんです」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top