Home > ビエンチャン便り > ほのぼのとしていいものだなァ(中学生絵画教室20、21回目)

ほのぼのとしていいものだなァ(中学生絵画教室20、21回目)

1 1 CIMG1808
筆や絵の具は使用後洗って準備しておく。用具は筆100本以上。消しゴム15個、絵の具33、クレヨン1など
1 12.3.12中学教室20.21回目0 (12)
天気がよく暑くなかったので芝生の上で描く生徒たち
2 12.3.12中学教室20.21回目0 (8)
にわか場所作りには使えるものはなんでも利用
3 12.3.12中学教室20.21回目0 (30)
にわか親子絵画教室?は午後5時を過ぎてから始まった

★親子絵画教室?はほのぼのとしていいものだなァ(中学生絵画教室20、21回目)

1日でスケッチブック15冊(120枚)の画用紙を使った。
1人で2枚を使った(描いた)生徒もいたが、
それでも100人近くが来たのではなかろうか。

11時半前、すでに昼休み(20回目)の生徒たちが来はじめた。

12時を過ぎたあたりから生徒の入れ替わりが始まる。
昼食を食べる前に来る生徒と食べた後で来る生徒で、
自然と別れているようだ

先週あたりから高校生も混じるようになっている。
結局、この日の昼休み(20回目)は31人が来た。

     *

放課後組の生徒のための
準備をしていると、
まだ2時前なのに、
はやくも放課後組の生徒が来た。

休講なのか?

ラオスの学校は先生がよく休むらしい。
そんなときは自由勉強になると聞いた。

2時を過ぎてつぎつぎと生徒が来だすと
あっというまに22の席は満杯。

画板は24枚しかない。

多いときには40人もが同時に描く。
その時は大変だ。

足りない画板の代わりになるものを、
何でもあてがってもらう。

席はいらなくなったスケッチブックの表紙を、
お尻に敷いてもらったりしている。

3時になると第2弾の生徒、
4時になると第3弾の生徒と
そんな状態で10人くらいづつ生徒が入れ替わる。

そのたびに、
帰る生徒が残した汚れたままの絵の具や筆を洗い、
画板を拭かねばならない。

中にはきちっと片付ける生徒もいるが、
そのままで帰ってしまう生徒が多い。

     *

そろそろ、後片付けをと思い始めた5時頃、
親子連れと思われる4人と
男の子2人が来た。

母親は2人の小さな子をバイクに乗せて、
小学校の息子を迎えに来たようだ。

2人の男の子は迎えを待っているらしい。

男の子の1人は30分ほど描いて帰ったが、
親子4人ともう1人の男の子は6時まで描いていた。

母親が7歳の男の子に筆を持って手ほどきしている。

親子絵画教室?はほのぼのとしていいものだなァ。


★作品から
4 12.3.12中学教室20.21回目0 (13)
中学生(多分)とは思えないしっかりし描いた鶴の置物
5 12.3.12中学教室20.21回目0 (18)
ていねいに2時間かけて描いていた高校生(多分)の作品
6 12.3.12中学教室20.21回目0 (20)
果敢に凱旋門に挑んだ中学生もいた
7 12.3.12中学教室20.21回目0 (24)
モチーフの造花を見て描いた中学生(多分)の作品
8 CIMG2453
5歳の子が描いた
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/693-2f315434
Listed below are links to weblogs that reference
ほのぼのとしていいものだなァ(中学生絵画教室20、21回目) from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > ほのぼのとしていいものだなァ(中学生絵画教室20、21回目)

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top