Home > オブジェ > それってやっぱり猫の皮なんですか?。

それってやっぱり猫の皮なんですか?。

新スキャン_0024
繪の年刊誌「むかしの馬宮:31号が出来ていた。
会長ほか会員の努力の賜物だ

★繪では若く見られるのではなく本当に若い

7ヶ月ぶりに郷土史研究会(馬宮郷土史同好繪)に出席した。

その間、ひとり引越しで退会され、
ひとり入会していた。

紹介された新入会の女性の方から
「若いですねェ」
と言われた。

「若くみえますねェ」ではない。
「若いですねェ」だ。
馬宮郷土史同好繪では
僕は本当に若いのだ。

聞けば新入会された方も84歳。
元気だ。肌もつやつやしている。

副会長(男性)だけは僕と変わらぬ年代だが、
他の会員は80歳代かそれに近い。

タダでさえ少ない会員数、
若手の僕が頑張れなければいけないとは思うのだが・・・ゴメンナサイ。


10.7.10民謡道具1 (2)
三味線の皮は犬の皮なのだとか。それも野犬のほうが丈夫な皮が取れるというのだが・・・
(写真は張り替える前の先生の三味線です)

★ひょっとしてひょっとするかなァ

民謡の練習(会)は土曜日に戻った。
昨年、半年ほど世話になった
火曜日の練習会が4月で無くなるという。

理由は分からないが会員の2人が退会して
練習会を維持するには人数が少なすぎるらしい。

民謡の会でも僕は若手だ。
こちらも不義理?が続いていて申し訳ないのだが、
やさしい先生・先輩方のおかげで、
なんとか続けさせてもらっている。

それにしても唄がちっとも上手くなっていないぞ
・・・の声が聞こえてきそう。

    *

先生が三味線の皮を新しく張り替えたという。

「それってやっぱり猫の皮なんですか?」

民謡の先生××「犬です。
猫の皮は小さいですからね。
小さな三味線にしか使えません」

「あ、そうなんですか。
犬の皮だって始めて知りました。
犬の皮でも使えるとか使えないとかあるでしょ?
例えば傷があったりしたらだめだとか・・・」

民謡の先生××「いや、かえって少しぐらい傷がある皮のほうが
丈夫でいいのです。飼い犬よりも野犬の皮の方がいいと言われる
のはそのためです」

何ヶ月か前、
ラオス滞在中に見たニュースの中に、
タイからベトナムへ野犬数百匹を密輸とあったが・・・・。

ひょっとしてひょっとするかなァ。
だって、日本で野犬を捕まえるたって・・・・。

考えすぎだよお前
・・・って声が聞こえてきそう。


★シリーズ・棚の我楽具多(ガラクタ) 35  猫だか寅だかの絵・不明
10.12.2棚のガラクタ1 (155)
いつ、どこで手に入れたのか、全く思い出せない一品
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/722-942a2fb0
Listed below are links to weblogs that reference
それってやっぱり猫の皮なんですか?。 from ゴローの「ここの記」日記

Home > オブジェ > それってやっぱり猫の皮なんですか?。

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top