Home > > つつじには早すぎ、チューリップには遅すぎ。台湾で買ったニセ古銭

つつじには早すぎ、チューリップには遅すぎ。台湾で買ったニセ古銭

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-04-29 Sun 22:43:00
12.4.28結夢撮影花の丘公園 (44)
満開の芝桜だが隙間だらけなのがちょいと惜しい(撮影は8歳の孫娘)
12.4.28結夢撮影花の丘公園 (46)
樹木の陰で笛を吹く人(撮影は8歳の孫娘)

★つつじには早すぎ、チューリップには遅すぎ

お天気もいいし暖かい。

こんな休日の午前中、
家にいると邪魔なのは、
ジージである僕と孫たちだ。

家の中でウロウロしていられると
掃除・洗濯・片付けの邪魔になる。

そこで、
2人の孫を無理やり連れ出してと“花の丘公園”に行った。

家から車で15分足らずで着いてしまう。

“花の丘公園”はまだ造成中みたいなところがあって、
行くたびに花木の種類が増えているように見える。

    *

手にしたデジカメを孫娘に渡す。
近頃は自分たちでシャッターを押したがるのだ。
(今日の公園での写真は8歳の孫娘が撮った)

遊具が置かれているのは1箇所だけ。
2人は10分ほどで飽きてしまった。

それでも園内は広いので、
花を見ながら一周するだけでも1時間はたっぷりかかる。

今日は生憎
つつじには早すぎ、チューリップには遅すぎたみたいだった。


CIMG2006.jpg
この輪っかはとてもいい匂いがする

★花(シロツメグサ)の輪っか

我が家の隣家の奥さんが花(シロツメグサ)の輪っかをくれた。

陽気に誘われて荒川の土手にピクニックに行ったらしい。
見れば一面シロツメグサの花。

かくしてこんな立派な花の輪っかを2つも作り、
我が家の4歳、8歳の孫娘にひとつづつくれることになったようだ。

この輪っかいい匂いがする。


★シリーズ・棚の我楽具多(ガラクタ) 37  台湾で買ったニセ古銭  1970年頃
10.12.2棚のガラクタ1 (62)
台湾の有名なお寺“龍山寺”に行った時、
門前の露天商のおばさんから買った。
鋳造年代の異なるもの8枚を購入、
そのうちの一番年代の古い明治8年を手元に残し、
あとは土産として会社の人に配った。
当時で一枚1000円もしたのだ。
明治の1円銀貨の真贋など僕には分かるわけもない。
ただひたすら本物であると思い続けていた。
10年ほど前になるが、
真贋を調べに古銭屋のところに持って行った。
本物なら売っても良いとさえ思っていたのだ。
古銭屋に行くかなり以前のことだが、
価格を調べてみたことがある。
そしたら、明治8年のみ70万円の価格がついていた。
他の年代では安いのでン万円、高くても数万円までなのに、
明治8年のみ70万円!
しめた!と・・・・ここはそう思ったのだ。
しかし、古銭屋はニベも無く
「偽物です」といって、
ゴミでも捨てるように返してよこした。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/736-ebc499cc
Listed below are links to weblogs that reference
つつじには早すぎ、チューリップには遅すぎ。台湾で買ったニセ古銭 from ゴローの「ここの記」日記

Home > > つつじには早すぎ、チューリップには遅すぎ。台湾で買ったニセ古銭

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top