FC2ブログ

Home > 意見・気付き・思いなど > “老人力”でヘマをポジティブにかえる。映画「北斎漫画」映画「単騎 千里を走る」

“老人力”でヘマをポジティブにかえる。映画「北斎漫画」映画「単騎 千里を走る」

★最近の“老人力”

毎日のようにヘマをする。

大怪我・大病というような、
人生に係わるほどのことではないが、
例えば火の消し忘れなどはあなどれない“老人力”だ。

“老人力”をいつもポジティブな発想に転換できるなら、
“今日の老人力”というカテゴリを設けてもいいかも?

そこで、僕なりに解釈した赤瀬川原平氏の“老人力”の定義から、
最近のヘマをポジティブにかえてみる。

①涙もろくなった
映画(DVD)を積極的に見るようになった。
感動的な映画(DVD)は脳を刺激する?
遠くの図書館、TUTAYA、ゲオに足を運ぶようになった。
これは行動範囲が広がったということにも・・。

②歯が欠けた
前歯が欠けたのは大変なショック。
しかし、歯を大切にという思いがより強くなったのはいいことだ。
硬いものは食べないという決心(時々崩れるが)、
食事にもお粥を取り入れるなどなど・・・。
じつはお粥は大好きで毎食でもいいくらい。
先日お粥専用の電気釜を注文した。

③靴を間違えた
今日(夜)、民謡の帰り
靴を間違えて帰ってきてしまった。
連絡を受けてあわてて車で10分ほどの公民館へ交換に行った。
間違えてしまった人の車には同乗者が2人。
結局、先輩3人を20分も待たせてしまったことになる。
みな、僕のそそっかしさはご承知。
ここは、笑い話を提供したことにしてカンベンしてもらうことに。
(怒っていたらゴメンナサイ)

④計算が遅くなった
3桁くらいの足し算・引き算、
2桁の掛け算・割り算はは頭の中のそろばんでやっている。
その頭の中のそろばんの映像が最近は薄くなって球が良く見えない。
何度もやり直す。
まァ、3桁も2桁もそん計算自体、僕には必要なくなったということか?


新スキャン_0019
今日は“新タント節”で判子がもらえた

★民謡 今日は“新タント節”で判子がもらえた

民謡の練習は2時間ほど、
ひとりあたり2曲を練習する。
それと皆で合唱。

しかし、休む人がいると3曲を練習する日もある。
今日は3曲だった。

演奏をしてくれる先生方が4人。
唄の生徒は5人だった。

尺八の先生がひとりと、
唄の生徒が2人休んだ。

今日は“新タント節”で判子がもらえた。


12.6.23ブログ用映画 (17)
主役級の俳優が熱演の力作

★映画「北斎漫画」  1981年  新藤兼人監督  

主役級の俳優が熱演の力作で、
見ていても力が入る。

映画を見ているより舞台を見ている風。

緒方拳、音羽信子、田中祐子、樋口可南子、宍戸錠、西田敏行、フランキー堺・・・。


12.6.23ブログ用映画 (32)
高倉健が目から涙を落とすシーンは始めて見た

★映画「単騎 千里を走る」   2005年 張芸謀(チャン・イーモウ)監督

高倉健が目から涙を落とすシーンは始めて見た(多分)。

絆、愛、家族・・・。

大切なものは何か。
忘れてならないもの何か。
失ってはならないもの何か。


スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/783-c4860dd3
Listed below are links to weblogs that reference
“老人力”でヘマをポジティブにかえる。映画「北斎漫画」映画「単騎 千里を走る」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 意見・気付き・思いなど > “老人力”でヘマをポジティブにかえる。映画「北斎漫画」映画「単騎 千里を走る」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top