Home > > “シェー”の元祖?。絵画教室“水彩で人物を描こう”を1回目受講。茅輪くぐり

“シェー”の元祖?。絵画教室“水彩で人物を描こう”を1回目受講。茅輪くぐり

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-07-04 Wed 21:48:07
1 12.7.4採光舎1日目ほかブログ用  (16)
僕が受講するのは7月4回、8月4回の計8回の講座

★絵画教室「社会人のための夏季講座」始まる

7月4回、8月4回の計8回の講座。
水彩で人物(女子コスチューム)を描く。

生徒は僕を含めて12人(男性2人・女性10人)。
もうひとりの男性は僕より若いが、
女性はみな僕より年長で、
しかも常連さんに見える。

先生は一水会会員の画家。
まだ僕よりはずっと若い。

各人イーゼルを置く場所は抽選、
コスチューム、ポーズは多数決。

僕は立ちポーズに挙手したのだが、
結果は9対3で
座って手を組んだヒザの上に乗せたポーズに決まった。


2 12.7.4採光舎1日目ほかブログ用  (10)
“夏越しの大祓”という行事があったらしい

★茅(萱)はまだ新しくいい匂いがした

絵画教室の前の調(つき)神社に茅輪(ちのわ)が作られていた。
先月の30日に“夏越しの大祓”という行事があったらしい。

茅輪のくぐり方の説明に従ってくぐってみた。

茅(萱)はまだ新しくいい匂いがした。


3 12.7.4採光舎1日目ほかブログ用  (27)
うなぎランチ1200円に惹かれて入った
12.7.4採光舎1日目ほかブログ用  (31)
玄関先には思いっきり頭を下げた福助(?)が・・
12.7.4採光舎1日目ほかブログ用  (29)
外に干してあったまな板?からもこの店が老舗であることを感じさせる
新スキャン_0003
レジ横にはお持ち帰り自由のマッチが・・・

★ランチ1200円に惹かれて入った老舗

ランチ1200円に惹かれて昼食はうなぎ(うなぎランチ)にした。
しかも店構えを見ればいかにも老舗。

屋号は“満寿屋”。

和服のお姉さんに2階席に案内される。
広い和室には客が20人ほど。
(その他いくつかの部屋、庭などもあり、
かなり大きなうなぎやさんだ)

雰囲気もいいし、
モチ、うなぎランチも旨かった。

4 12.7.4採光舎1日目ほかブログ用  (38)
“シェー”と発する言葉も手足のポーズも
赤塚不二夫の漫画“おそまつ君”に出てくるイヤミのと同じだ

★映画(ビデオ)「生まれてはみたものの」 小津安二郎  1932年 トーキー

県立図書館に寄った。
ここにはトーキー時代の映画(ビデオ)が何本かある。

小津安二郎の「生まれてはみたもの」を見る。

映画はモチ、とてもよかったが、
中で子役の演じる“シェー”には驚き。

“シェー”は赤塚不二夫の漫画、
“おそまつ君”の中に出てくるイヤミのギャグかと思っていたけど・・・。

もしかして、
“シェー”の元祖は小津安二郎?

新スキャン
県立図書館には五代目柳屋小さんの落語(CD)があった

★小さんの話芸はいいなァ

さすがは県立図書館、
ここには五代目柳屋小さんの落語(CD)があった。

4枚を借りて帰宅後早速、聞いた。

やっぱり小さんの話芸はいいなァ。


★今日のオブジェ  海で見た小魚の群
5 09.2.21-22パタヤ2 (87)
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/791-c8bcca67
Listed below are links to weblogs that reference
“シェー”の元祖?。絵画教室“水彩で人物を描こう”を1回目受講。茅輪くぐり from ゴローの「ここの記」日記

Home > > “シェー”の元祖?。絵画教室“水彩で人物を描こう”を1回目受講。茅輪くぐり

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top