Home > 今日のこと > 1日が終るのはいつも早いなァ。本「妖談」

1日が終るのはいつも早いなァ。本「妖談」

★1日が終るのはいつも早いなァ

図書館に行った事。
本を少々読んだり、落語を少々聞いたり(DVD)した事。
民謡練習曲のカラオケをUチューブで探した事。
夕食の支度の手伝いをした事。
孫3人を風呂に入れた事。

今日一日の出来事だ、

    *

『1日の終わり』

どこかへ出かけても、
例えば山に登っても、
例えば今日のように1日を過ごしても、
例えば若い頃、会社にいて仕事をしていた時だって、
例えばその日が暇っだと感じた日でも、
休日であろうがなかろうが、
雨が降ろうが風が吹こうが
1日が終るのはいつも早いなァ。


新スキャン_0005
短編と超短編を収録している本

★本「妖談」  車谷長吉

短編と超短編を収録している本。
起承転結のどれかが抜けているようないないような・・・。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/808-9dd171cd
Listed below are links to weblogs that reference
1日が終るのはいつも早いなァ。本「妖談」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 今日のこと > 1日が終るのはいつも早いなァ。本「妖談」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top