Home > 国内旅行 > 渓流釣りとその風景

渓流釣りとその風景

★渓流釣りとその風景

今年2回目の渓流釣り。

前回はクマに遭遇するというハプニング(恐い)もあったが、
今回は蛙を釣り上げるというハプニング(愉快)があった。

釣りも楽しむが、風景も楽しむ。
そんな3泊4日の旅を写真で紹介。

1 12.8.9-12遠野 (93)
渓流に泳ぐ岩魚。見える魚を釣るのは僕の腕前では難しく、この岩魚も結局釣り逃がした
2 12.8.9-12遠野 (10)
釣り上げた岩魚。20センチ前後で形がいい
3 12.8.9-12遠野 (50)
釣れても釣れなくても渓流に糸を垂らしていると時間の経つのを忘れてしまう
4 12.8.9-12遠野 (101)
友人(僕の釣りの師匠で釣り暦40年のベテラン)と2人の3日目(11日)の成果(僕は3分の1)。
ちなみに僕は2日目(10日)は1日かかって小さいの1匹しか釣れていない(師匠は10数匹)。
5 12.8.9-12遠野 (64)
師匠は藪に隠れる小さな沢で大物を見つけたりするのだ
6 12.8.9-12遠野 (87)
今回、僕は2回も竿の穂先を折ってしまった。その場で穂先を直してくれる師匠(友人)。
師匠は常に釣り師の7つ道具を持って挑んでいるのだ・・・と僕は感心するばかり
7 12.8.9-12遠野 (42)
蛙が針れた。この蛙、流れの中の小さな岩の上で餌を狙っていたようだ。針を外して放してあげた
8 12.8.9-12遠野 (94)
美しく大きな蜘蛛がいた。蜘蛛の巣は針や糸に絡んでやっかいなのだが・・・。
9 12.8.9-12遠野 (70)
雑草がはびこる牧場。福島原発から200キロも離れているのに
放射能の影響でまだ放牧ができないままのようだ。
茶色の細い草はギシギシ(雑草名)。とても根深く手で引っこ抜くことは出来ない
10 12.8.9-12遠野 (72)
鹿(多分)の糞。今回も車の前を横切って行く鹿を見かけた
11 12.8.9-12遠野 (108)
山深くの美しい風景に出会えるのも旅(渓流釣り)の良さ
12 12.8.9-12 遠野 (210)
野焼きの風景
13 12.8.9-12遠野 (20)
民家の玄関に飾られているお札
14 12.8.9-12遠野 (150)
畑や家々の庭には必ずと言っていいほど美しい花が咲いていた
15 12.8.9-12遠野 (164)
酪農と民宿を兼ねた家の牧場。数頭の乳牛は手入れがよく牧場も臭いがしなかった
16 12.8.9-12遠野 (54)
渓流から林道に出ると、そこは切り出した木材の置き場だった
17 12.8.9-12遠野 (169)
夏の暑い間に冬支度の薪割り
18 12.8.9-12遠野 (175)
畑に葉を揃えるのはカボチャ。肉厚で艶のある葉からなるカボチャは美味しいだろうなァ
19 12.8.9-12遠野 (182)
生き物たち、山に住む動物、渓流の魚・・・みな落葉樹の森や林によって生かされているのだ
20 12.8.9-12遠野 (192)
クマに破られたという家の裏のビニールハウス。
このあたりはクマとの共存地域?
クマがしょっちゅう庭先を通るだの、
夜中、鶏小屋を襲いにきたクマを鉈で追い払ったなど、
クマにまつわる話は枚挙にいとまない
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/825-222549a9
Listed below are links to weblogs that reference
渓流釣りとその風景 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 国内旅行 > 渓流釣りとその風景

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top