Home > 今日のこと > 法事は粛々と行うものだが何となく心がはずむ。機内サービスのウヰスキー

法事は粛々と行うものだが何となく心がはずむ。機内サービスのウヰスキー

12.9.16法事・ブログ用 (14)
江戸の六地蔵といわれる“銅造地蔵菩薩坐像”
12.9.16法事・ブログ用 (10)
港区の国道1号線沿いにある家内の両親の墓のある寺。
自分の敷地内に建ててある高層マンションと隣接の高層マンション(写真)に挟まれている

★墓参りと法事

父の23回忌。
お寺は東京の深川(江東区)の実家近くにある霊巌寺。
境内に江戸の六地蔵や松平定信の墓があることで知られる。

法事は粛々と行うものだが何となく心がはずむ。
久しぶりに兄弟(姉妹)や甥・姪、
最近はその子どもたちも会えるからだが・・・。

今日は大人18人、子供10人が集まった。
法事を終えた後の食事会が楽しいのだ。

    *

お彼岸間近かでもある。

そこで、法事の行われる寺に行く前に、
家内の両親のお墓参りに寄った。

こちらは港区を通る国道一号線沿いにある寺。
霊巖寺とは対照的な趣を持った寺だ。

それぞれ住職さんのお人柄が・・・。


★シリーズ・棚の我楽具多(ガラクタ) 49  機内サービスのウヰスキー
10.12.2棚のガラクタ1 (143)
今でも機内サービスにウヰスキーのミニチュアは出るのだろうか?
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/856-73c32c26
Listed below are links to weblogs that reference
法事は粛々と行うものだが何となく心がはずむ。機内サービスのウヰスキー from ゴローの「ここの記」日記

Home > 今日のこと > 法事は粛々と行うものだが何となく心がはずむ。機内サービスのウヰスキー

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top