Home > ビエンチャン便り > これかァ“ミルクの実”って。本「鼠」

これかァ“ミルクの実”って。本「鼠」

13.1.29ブログ用 (2)
マンゴスチンとライチかロンコンを足して2で割ったような味?でとても美味しい。

★いつかお目にかかれると思ってはいたけど・・・

これこそ始めて食べる果物であった。

昨夜、帰りがけに寄るいつもの雑貨さんで貰った。

ゴロー「これ、果物?」
小さなテーブルの上に置かれていた紫色の2つの球を指差して聞いた。

雑貨屋の奥さん××「そうよ」
そういいながら、奥さんはすぐに手振りで持ってけというのだ。

ゴロー××「じゃー頂くね。これ何ていう名前なの」
雑貨屋の奥さん××「マー・ナムノム」

早速、アパートに帰ってから食べてみた。

熟しているせいなのか柔らかく弾力がある。
皮を剥きかけて途中でやめた。
2つにざっくり切ったほうがいいに違いない。

    *

マンゴスチンとライチ、
またはマンゴスチンとロンコン?

2種類の果物を足したような味。
僕にはとても美味しく思えたが・・・。

オフィスに用事できていた物知りM氏に聞いたところ・・、
M氏××「いわいる“ミルクの実”って呼ばれるやつさ」

ゴロー「これかァミルクの実って!。
いつかお目にかかれると思ってはいたけど・・・。
それにしても市場じゃあまり見ないよねェ」
M氏××「季節になれば売っているさ」

     ☆

CIMG0386.jpg
昼間のナイトマーケットで・・・

★目の覚めるような派手な赤!

もうすぐ中国正月だ。

街のあちらこちらに正月の衣装や飾りつけを売る店が立つ。
昼間ナイトマーケットの広場を通ったら目に入った。

目の覚めるような派手な赤だ。

     ☆

13.1.29ブログ用 (9)
社会や経済の状況が今の日本に似ているような?

★本「鼠」鈴木商店焼打ち事件  城山三郎

推理小説的なところもあるノンフィクション?

鈴木商店倒産の事件は社会科の教科書に出ていたけど、
どんな商社だったのか?どんな事件だったのか?
はこの本を読んで始めて知った。

金子直吉という実業家のことも・・・。

時代背景や政治の動きが何となく今の日本に似ているような気がして恐い。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/975-0bf41be8
Listed below are links to weblogs that reference
これかァ“ミルクの実”って。本「鼠」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > これかァ“ミルクの実”って。本「鼠」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top